野鳥のいる風景 
2009年05月10日
スズメの情報 我が家のスズメ
(渡り)
 留鳥

(全長)
 14.5cm

(声)
 チュン、チップ、
 ジュジュジュ

(習性)

 人家付近に住み
 地上で草の種や
 人の落とした物を
 食べる。
 繁殖期には昆虫も
 よく食べる


(分類)
 スズメ目
 ハタオリドリ科
我が家の軒に、毎年のようにスズメが巣を作る。 
数年前に、まだ飛べないヒナが家の裏に落ちていたのを
保護したことがありました。 こんなときは、保護してはいけ
ないんですね。 後で知りました。
必要なときは、親鳥がその飛べないヒナにエサを運ぶそうです。
もし、飛べないままヘビにやられてしまっても、それが自然の
摂理なんです。 可愛そうでも、そのままが一番いいんだそう
です・・・

我が家の二階の窓から、家の前の庭木に飛んでくるスズメ
をよく見かけます。 時間があるときには、そっと細窓を開けて
望遠レンズでシャッターを切る。
水平距離が5mほどですから、500mmのレンズでスズメ達
の生態をリアルに撮ることができるんですね。

まだ冬の季節。 朝の空気の張りつめる中、囀るスズメを
狙ってシャッターを連写してみました。

見事に口の中を捉えることができました。 喉の中まで見えそうですね


別の日の朝。 まだ朝日が眩しい・・・
今度は、レフレックスレンズ(反射望遠レンズ)で狙って
みました。 後方のスズメの目がリング状に光っています。
これが、レフレックスレンズの特徴なんですね・・・

輝くの朝の光を感じませんか? 

朝、目を覚ますと、いつも家の軒先から、目ざめのメロディー
(囀り)が聞こえてきます。 いつの間にか、彼らのことを
スズメちゃんと呼ぶようになりました。